2015年6月9日火曜日

MK908II には2つのモデルがあります。

大きく分けると RK3188 1.6GHz 搭載モデルと
廉価版の RK3188T 1.4GHz 搭載モデルがあります。

発売当初は Rockchip RK3188 1.6GHz が搭載されていましたが
生産が終了して海外の市場からも、ほぼ完全に消えてしまいました。
2015年6月8日現在、私共の在庫も RK3188 1.6GHz モデルは残り僅か4個です。

いま海外から入手可能なのは、ほぼ100%廉価版の RK3188T 1.4GHz を搭載した
モデルとなります。

廉価版の RK3188T 1.4GHz 搭載モデルの MK908II はダメなのか?というと
そういうわけではありません。

私共では720pのアップスケーリングではないリアル 1080p 表示のカスタムロムを
適用して今でもアマゾンで販売を続けております。
(注.通常の工場出荷ファームウェアは720pのアップスケーリングです。)
1080p動画を mp4, mov, wmv, avi 等いろいろと試してみましたがなめらかに問題なく
再生できることを確認しております。

※MK908IIは、既に工場での生産が終了しております。
また、2016年9月14日をもちまして完売となりました。
これまで多数のご購入を頂きました。誠にありがとう御座いました。


初めて買ったスティック型がMK808Bだったのですが、1080p表示にしても720pの
アップスケーリングだったのでがっかりしていたところ、MK908が1080p表示だと
いって発売されたのです。
しかし、実際に発売されたものもまた720pのアップスケーリングだったのですorz
ちょうど家のテレビがシャープのフルハイビジョンテレビだったこともあって、
「もったいない。」https://www.youtube.com/watch?v=mGQpm5TGSnE
と矢沢さんがおっしゃっているように強く共感した訳です(笑)。
それ以来リアル1080p表示にこだわっております。
次はリアル4Kにこだわってみたいですね(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿